100円均一大好きマンです。

結婚した当初、非常に貧乏だった100円均一大好きマン夫婦は結婚指輪を比較的安価なシルバーリングにしました。このシルバーリングはすぐ黒ずんでしまう残念な結婚指輪だったのでした。
%e6%8c%87%e8%bc%aa2

なので、結婚して10年目には黒ずまないプラチナリングを買いなおしました。(このプラチナリングも安かったのですが・・・笑)

そしてナゼこんな話題を持ちだしたかというと、今さら妻に断捨離ブームがおとずれてイヤイヤ掃除に付き合っていた際、しまいこんでいた結婚当初に買った、あのシルバーリングが出てきたのです。

元々黒ずみやすかったシルバーリングはさらに酷い黒ずみになっていました。もう腐っているかのような状態でした。でも結婚した当初の思い出もあり、捨てるに捨てれないので、何とかして復活させようと色々調べた結果、復活する方法が見つかりました!

第7弾

シルバーアクセサリーから黒ずみをとる方法

 

今回は思い出の結婚指輪をよみがえらせる為に本気を出しましたよ。

なぜ本気を出したかというと、綺麗になったら

妻からお小遣いをもらう!

という重大なミッションが有るからです。

まずはこの作業前と作業後の画像を見て下さい。
%e6%8c%87%e8%bc%aa01

凄くないですか?コンパウンド(磨き粉)で磨いたわけではないですよ。
お小遣いがもらえる確率100%ではないですか?(笑)

この方法は、どこにでもある100円均一で揃う品だけで出来るのです。

それでは材料を紹介をします。
%e6%8c%87%e8%bc%aa3

今回用意したもの
  • アルミホイル(100円均一)
  • 耐熱容器(100円均一)
  • 塩(100円均一)
  • 沸騰したお湯

ほら100円均一で揃うアイテムばかりでしょ?

 

100円均一大好きマンは普段から100円均一アイテムで身を固めているので、今回新しく購入したのは耐熱容器だけです。

手順

1.耐熱容器にアルミホイルを敷く
%e6%8c%87%e8%bc%aa4

2.塩を大さじ一杯入れる
%e6%8c%87%e8%bc%aa5

3.黒ずんだシルバーアクセサリーを入れる
%e6%8c%87%e8%bc%aa6

4.沸騰したお湯を注ぐ
%e6%8c%87%e8%bc%aa7

そして10分位待ったらOKです。取り出す時には火傷に注意して下さいね。

たったこれだけの作業です。

黒ずみが頑固で取れない場合は?

その場合は、鍋にアルミホイルを敷いて、その上に食塩を大さじ2杯程度、そしてお水と黒ずんだアクセサリーを入れてグツグツ10分位煮込んで下さい。

今回のシルバーリングは、最初の手順ではキレイにならなかったので、鍋に入れて煮込みました。
鍋から取り出したら、

「やっぱりダメだ。黒ずみ取れてない。ネタにもならないわー」

と思いましたが・・・そばに有ったティッシュペーパーで水気を取って見ると・・・
%e6%8c%87%e8%bc%aa8

「黒ずみが取れたー!\(^o^)/」

買った当初の状態にほぼ戻りました。

これで妻にお小遣い貰えると思います。

なぜ黒ずみが取れるのか?

シルバーの黒ずみの元となる硫化という現象を、アルミと塩とお湯で微弱な電子の動きで、電子分解するそうです。

怪しい薬品などを使うわけじゃないので家の中でも出来て安心ですよね。

注意点

クロムハーツの様な、黒ずみ加工しているシルバーアクセサリーには行わないで下さい。せっかく黒に加工してある物がピカピカになってしまいますよ。

まとめ

この方法はアクセサリーショップでも行われているそうです。
コンパウンド(磨き粉)で磨かないので、細かな傷もつかないし非常に良い方法ですよね。

私はネックレスが好きなのですが、シルバーはすぐ黒ずむので、最近はステンレス製やチタン製の物を愛用してきましたが、シルバーの方がデザインも豊富で色々選べるんですよね~。今回この簡単な方法でネックレスやブレスレットなどの大きな物も大丈夫みたいなので、近いうちにシルバーアクセサリーを買おうかと思います。

作業する際には熱湯を使うので、くれぐれも火傷やお子様がいる方は注意してやって下さいね。

100円均一大好きマンでした。

p.s.妻からはお小遣いもらえませんでした _| ̄|○